公式HPにはすでに載っていないアルバリーニョ


年によって色々試験的にワインを作成しているようで、今後も同じように今あるワインは飲めなくなる可能性があります。
見つけたら買いでいいかもしれません。
最近はアーティスティックなラベルは少なく、何故かUFOが牛を拉致しようと怪光線を発射している面白ラベルにしたワインがメインとなってきているようです。

続きを読む