ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: トスカーナ州

飲んだワイン セル・ヤコポ/ブルネッロ ディ モンタルチーノ2012 6点

サン・ヤコポの情報は幾らでも手に入りますが、似た名前のこのセル・ヤコポの情報はほとんど手に入りませんでした。


同名の煙草のパイプを製造しているメーカーは見つかるのですが、ワインメーカーは見つからず。
羽田空港でセール品になっていたものを購入したもの。
想像していたよりも美味しかったです。
香りが非常に良くエレガントな反面、余韻が短いのが勿体ないワインでした。

続きを読む

飲んだワイン レ・マッキオーレ/パレオ ロッソ2000 9点

カベルネフラン100%に変えてしまうちょうど前のヴィンテージのパレオ ロッソ


最早飲む事ができないのでかなり貴重なワインと言えます。
このカベルネ・ソーヴィニヨンを含むボルドー・ブレンドはまだまだしっかりとしたアルコールを感じさせる若々しい味わいでした。

ワインデータ

ワイン名:Paleo Rosso
生産地:Italy > Toscana
生産者:Le Macchiole (レ・マッキオーレ)
品種:Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイル:Red wine

ワイナリー

レ・マッキオーレは、1983年にエウジェニオ・カンポルミとシンジア・メルリのワインへの情熱を人生の夢に変えるという願いを込めて設立されました。
それは当時有名ではなかったボルゲリの故郷に根ざした革命的なプロジェクトでした。
そのアイデアは単純だが決定的なものでした。
それはブドウ畑で生まれ、ボルゲリで使われることの少ない品種を含む、植栽の研究と実験に完全に投資することでした。
1987年にはレ・マッキオーレの最初の瓶詰めが行われましたが、現在は販売されていません。
パレオ。ロッソが生まれた1989年に初めて、彼らのボルゲレーゼ・スタイルの最初の解釈がありました。
ワイナリーの定義には、1990年代を語らない訳にはいきません。
土地の処分に対する意識の高まり、高密度植栽を導入するという決定、および単品種のワインを生産するという革新的でリスクの高い決定です。
1994年のこの作業結果から、メッソリオ(100%メルロ)とスクリオ(100%シラー)が完成し、2001年からパレオ・ロッソは100%カベルネ・フランに変身しました。
エウジェニオは、コミットメントと決意をもって、イタリア中から偉大なワインメーカーの一人として尊敬を受けていました。
しかし、2002年にやっと彼の仕事の成果を享受し始めたとき、悲劇的な事に彼は亡くなってしまいました。


その後、シンジアは、ビジネスのあらゆる役割を担う若い才能のチームの助けを借りて、農場の管理を引き継ぎました。
数年以内に、これらの個性は彼らのプロフェッショナリズム、能力、情熱とブドウからワインまで細部への配慮の痕跡を与えました。
チームすべてのエネルギーを受けて、シンジアは常に独特な立場を示すワインを生産しようとしてきました。
24haのワイナリー所有のブドウ畑があり、収穫ごとに5つのワインを生産しています。
トスカーナ IGT:パレオ・ビアンコ 、パレオ・ロッソ、スクリオ、メッソリオ
DOC ボルゲリ:ボルゲリ・ロッソ

このワインは
パレオロッソは1989年に誕生した彼らだけのワインです。
これは最も変化のあったワインです。
2001年にはボルドーの伝統的なブレンドとして生まれ、100%カベルネ・フランだけのワインに変化しました。

テイスティング

横浜の某有名イタリアンのシェフと二人で飲み、最後に開けたのがこちら。
2000年はカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされている最後の年です。
2001年以降はカベルネ・フラン100%になっています。
深みのある色にスミレのような香り。
アタックしっかり。
酸味は落ち着きながらもしっかり主張。
全てがバランス良く成り立っているワインだと思います。

飲んだ日:2014-09-01
飲んだ場所:諭吉
買った場所:トスカーナ
価格:8,800円

飲んだワイン テヌータ・サン・グイド/サッシカイア2015 8点

高くて飲めない憧れのサッシカイアを飲む機会がありました。


こんな高いワインを飲む機会がないので緊張しながら飲みました。
まだまだ若い味わいでしたが、熟成していけばとんでもないワインになるんだろうなというのが素人の私にも分かりました。

続きを読む

飲んだワイン カンポ・アッラ・スーゲラ/アケニオ ボルゲリ ビアンコ2012 8点

珍しくイタリアの白ワインカンポ・アッラ・スーゲラを仕入れたので美味しいと噂のイタリアン・レストラン「ラ・ブォナ・ヴィータ」に持ち込んでみました。


イタリアワインの白で、ワインショップで7,000円台と中々の値段。
流石に味は素晴らしく、高い値段のイタリア白ワインを見直すきっかけになりました。

カンポ・アッラ・スーゲラ/アケニオ ボルゲリ ビアンコ2012

続きを読む

飲んだワイン ビービー・グラーツ/カザマッタ ロッソN.V. 6点

近年一躍有名になり、安い価格帯のカザマッタはイタリアン・レストランでよくオンリストされているビービー・グラーツ


いつか数万円するコローレを飲んでみたいです。
味わいに特徴があるワインが多く、ファンが多いというのもよくわかる作り手です。

続きを読む

飲んだワイン ビオンディ・サンティ/ロッソ・ディ・モンタルチーノ レッド・バンド2014 8点

最高にワインを楽しく飲めるダ マサで飲ませていただきましたビオンディ・サンティ

同席していた方のお知り合いが丁度隣のテーブルで家族で食事会をされており、その方の持ち込みワインをおすそ分けいただけました。
かなりレアなワインで、1989年、1992年、2002年、2014年のみしか出ていないワインだそうです。

ビオンディ・サンティ/ロッソ・ディ・モンタルチーノ レッド・バンド2014

続きを読む

飲んだワイン ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014 7点

モトックス試飲会のお土産で貰ったマレンマンテ

値段の割に友人忍者達からは非常に好評でした。
丁寧に作っているのが伝わるワイン。

ポッジョ・アルジェンティエラ/マレンマンテ トスカーナ ロッソ2014

続きを読む

飲んだワイン ドンナ・オルガ/コレツィオーネ・アルテ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2006 7点

ドンナ・オルガはパワフルな女性が作るワイン。

女性実業家の活動支援、芸術家の作品をエチケットに使用。
社会的貢献をしつつワインも美味しく作る…素晴らしい!

Donna Olga Brunello di Montalcino 2006

 

続きを読む

飲んだワイン ラ・コロンビーナ/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2009 7点

まだまだ若さを感じさせる香りと味わいでしたラ・コロンビーナ

10年経っていなかったらデキャンタージュすると更に化ける。
そんな可能性を強く秘めたワインでした。

ラ・コロンビーナ ブルネッロ

続きを読む