ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: シャンボール・ミュジニー Page 1 of 2

飲んだワイン ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール/シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ2013 8点

いつものようにふる川で持ち込みのワイン会をしたところ、友人の外人忍者がおもむろに持ってきたのがこのレ・ザムルーズ

まだまだ若かったのですが、当然のように非常に美味しくいただきました。
レ・ザムルーズは色々お金持ちの友人に飲ませていただきましたが、確かにどれも美味しいと思います。

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ/ボンヌ・マール グラン・クリュ2009 10点

持ち込みワイン会に外人忍者が持ってきてくれたのがヴォギュエ

お金持ちな友人に乾杯しながら、感動しつつ飲ませていただきました。
以前飲んだ時と違い、今回はワインに詳しいニュージー忍者とのワイン会でしたのでかなり熱い談議が繰り広げられました。
ワイン・ギーグ(オタク)飲み会は最高です。

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・アルロー/シャンボール・ミュジニー2014 8点

ウメムラの福袋に入っていたドメーヌ・アルロー


残念ながら明らかに若過ぎでしたが、それでも十分美味しいワインでした。
エレガントさと若さゆえの過ち…じゃなかった粗削りさが同居している素敵なワインでした。

ドメーヌ・アルロー/シャンボール・ミュジニー2014

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・アンヌ・エ・エルヴェ・シゴー/シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・シャルム2008 8点

2013年までは確認できましたが公式HPからも今は外されているエルヴェ・シゴーシャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・シャルム


2013年までは確認できましたが畑を貸借していたのか売却したのか…とにかく現在はカテゴリーに入っていないようです。
という事はバックヴィンテージでしか飲めないので結構貴重なワインという事でしょうか。
見かけたら即買いです。

続きを読む

飲んだワイン ジェラール・ラフェ/シャンボール・ミュジニー2011 8点

現在は娘さんも一緒にワイン作りをしているジェラール・ラフェ

父親のジャン・ラフェの頃より繊細になったとも言われます。
シャンボール・ミュジニーはその繊細さをよく反映している村名ワインだと思います。

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ/ボンヌ・マール グラン・クリュ1989 10点

持ち込みワイン会に外人忍者が持ってきてくれたのがヴォギュエ

お金持ちな友人に乾杯しながら、感動しつつ飲ませていただきました。
一緒に飲んだ若いお姉さんはこのワインを全く知りませんでしたが、そういう価格の色眼鏡で見ていない方の忌憚のないテイスティングコメントは非常に勉強になると感じたワイン会でした。

ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ/ボンヌ・マール グラン・クリュ1989

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・デュロシェ/ジュヴレ・シャンベルタン レ・ジューヌ・ロワ2012 7点 

長年ジュヴレ・シャンベルタンでワイン作りをしていたそうですが、飲んだことが無かったと思われる作り手。


ジュヴレ・シャンベルタンらしい力強さがありながら、香りに色っぽさのあるワインでした。
香りを重視する方にはおススメのワインです。

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ/シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・クラ2004 9点

言わずと知れた大人気醸造家のルーミエ

特級のミュジニーは1樽半しか作られない為、非常に高額ですが発売と共に売り切れになるほどの人気。
全体で4,000ボトル以下の生産量でしかも美味しいならば飲まずにはいられません。

ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・クラ2004

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ/シャンボール・ミュジニー1990 9点

言わずと知れた大人気醸造家のルーミエ

特級のミュジニーは1樽半しか作られない為、非常に高額ですが発売と共に売り切れになるほどの人気。
全体で4,000ボトル以下の生産量でしかも美味しいならば飲まずにはいられません。

続きを読む

飲んだワイン ドメーヌ・グリヴレ/シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ1978 9点

ブルゴーニュの古典を好むマニアは必ず1度は飲むグリヴレ

既にドメーヌは消失しており、現在は残っているワインの争奪戦となっているため、本物だと断定できた場合は購入すべきともいわれております。
出来の良い年はDRCやジャイエに勝るともいわれるがはたして…
私が買える訳がありませんので、当然外人忍者が持って来た一本になります。

続きを読む

Page 1 of 2