ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: ボルドー Page 1 of 4

飲んだワイン シャトー・カロン・セギュール/シャトー・カプベルン2015 7点

かつてはシャトー・カプベルン・ガスクトンという名前でしたが、カロン・セギュールと共に買収され2013年からシャトー・カプベルンに変更。

カロンとは違う進化を遂げた独自のワインです。
ボルドーらしい色合いと味わい。
わかりやすくて美味しいワインと言えます。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・レオヴィル・バルトン2013 9点

ワイナリーの歴史が長すぎなバルトン3兄弟のレオヴィル・バルトン

2013年という余り宜しくない年のワインで、飲むのは早いかもとは一瞬思いましたが、瓶の個体差なのか非常に美味しかった。
ウメムラ2018年新春福袋9本5万円に入っていましたが、その中でも当たりの部類だったと言えます。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン2013 7点

「グルゥ!」という声が聞こえてきそうなグリフォンの絵が印象的なシャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

五大シャトーに迫る美味しさと言われている(ワイン忍者調べ)ワインであり、確かにその片鱗を感じさせましたが、いかんせんバッド・ヴィンテージの2013。
それでも十分に美味しいのが2級の意地か。
ウメムラの新春福袋2018 ボルドー9本5万円に入っていたワイン。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・オー・ブリオン/ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン2009 8点

2006年まではシャトー・バーン・オー・ブリオンの名前で販売されていたル・クラレンス・ド・オー・ブリオン

ファーストの1976と一緒に飲むという贅沢でしたが、どちらも良い。
若さの中にも五大シャトーの味わいをしっかり秘めていて、これはこれで早くから美味しく飲める。
非常に良い体験をしました。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・オー・ブリオン ルージュ1976 10点

友人の外人忍者が持て来てくれたオーブリオン

海外からわざわざ持って来てくれた1本だったらしく、状態は非常に良い。
あえて和食と合わせましたが、とても美味しく合わせることができました。
良いものは良いという事を教えてくれるワイン。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・ペトリュス2007 10点

心に残るワインの一つとして挙げられるシャトー・ペトリュス

ペトリュスが毎日飲めるくらいのお金持ちになりたいところです。
これを飲んだ次の日、朝おこしに来た孫が「おじいちゃんの部屋いい香りがする!」と言ったほどのワインです。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・モンローズ1962 8点

「バラの丘」の意味を持つモンローズ

56年前の農作物からの加工品が現代で飲めるというのはとても素晴らしい。
お酒以外だと梅干しくらいしかそれだけの年月を越えて美味しく口に入れられるものが思いつきません。
それだけの年月を感じさせつつもまだ美味しいワインに感謝です。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・パルメ1986 10点

友人の外人忍者が海外で購入し持って来てくれた素敵ワインの一つパルメ

年代物なのでシシェルの名前が入った貴重な一本です。
開くまでに非常に長い時間を要しましたが、待つだけの価値はある1本でした。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・モンローズ1981 9点

「バラの丘」の意味を持つモンローズ

38年前の農作物からの加工品が現代で飲めるというのはとても素晴らしい。
お酒以外だと梅干しくらいしかそれだけの年月を越えて美味しく口に入れられるものが思いつきません。
それだけの年月を感じさせつつもまだ美味しいワインに感謝です。

シャトー・モンローズ1981

続きを読む

飲んだワイン シャトー・テシエ2013 6点

ヴィンテージが良くないというのもありますがコストコで市販の価格よりも1,000円以上安かったシャトー・テシエ

ヴィンテージのせいとは言いたくないですが、2日間に渡っての味わいの維持は無理だったようです。
1日で飲み切る分には問題なく美味しいワインだと思います。

続きを読む

Page 1 of 4