ワイン忍者

日々ワインの事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく(勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます)、もっと身近にあるワインの事や、ワインに合う市販のおつまみ、食べ歩いたお店を書いていきます。

カテゴリー: ボルドー (Page 1 of 2)

飲んだワイン シャトー・カントメルル2011 7点

メドック格付け5級のカントメルル

ロシアワイン、アメリカワインの後に飲んだのでエレガントさが際立っておりました。
やはりオー・メドック5級は伊達ではありません。
シャトー名は庭園でさえずる(カント)クロツグミ(メルル)の意味。

シャトー・カントメルル2011

続きを読む

飲んだワイン ジャン・リュック・テュヌヴァン/シャトー・ヴァランドロー2004 6点

ガレージワインの先駆者であるジャン・リュック・テュヌヴァンシャトー・ヴァランドロー

少しずつ高価になってきましたが、まだネット上では1万円台で販売していたりと、有名ワインですが手の届く範囲にあります。
安く販売されていたら一度は購入してみてもいいと思います。

続きを読む

飲んだワイン ジャン・ピエール・ムエックス/シャトー・プロヴィダンス2006 8点

2012年が最終ヴィンテージとなったシャトー・プロヴィダンス

「プロヴィダンス=神の摂理」という中二病っぽい名前が男心をくすぐります。
ニュージーランドにも同名のワイナリーがありますが、あちらは「シャトー」が付いていない「プロヴィダンス」です。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・ブラネール・デュクリュ2011 7点

メドック格付け4級で非常に評価が高いのに、年代によってはまだまだ格安で買えるシャトー・ブラネール・デュクリュ

最近亡くなったオーナーのパトリック・マロトー氏は業界からの信頼も厚く、ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー(ボルドー・グラン・クリュ協会)の前会長を務めていました。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・ディケム/イグレック ブラン2015 7点

シャトー・ディケムと言えば憧れのワインの一つ。

そのディケムが作る辛口白ワインです。
かつては生産が安定せずに不定期な作成でしたが、2004年からは毎年作成されるようになりました。

続きを読む

飲んだワイン シャトー・カントナック・ブラウン1992 7点

1989年に保険会社アクサの子会社アクサミレジムの所有となり、品質の向上がみられたカントナック・ブラウン

2006年からはシリア系英国人シモン・ハラビ氏の所有となっています。
今回飲んだのはアクサにより復興が始まって数年経った1992年。

続きを読む

飲んだワイン シュロデール・エ・シレー/カ・ド・キルヴァン2012 7点

輸入元のオーバーシーズが現当主のヤン・シレーさんを日本に呼んだ際に購入したシュロデール・エ・シレー

フランス語で「K」は「カ」と読むらしいのでフランス語表記でいきました
セカンドワインはこのワインとCharmes de Kirwan(シャルム・ド・キルヴァン)の2つがあるようです
飲み頃を迎えたので有名店「炉窯ステーキ 煉瓦」の肉料理と共に飲むことにしました
メドック3級のセカンド・ワイン

シュロデール・エ・シレー/カ・ド・キルヴァン2012

続きを読む

飲んだワイン シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996 8点

輸入元のオーバーシーズが現当主のヤン・シレーさんを日本に呼んだ際に購入したシャトー・キルヴァン

シレーさんにサインを書いてもらう際に「なんて書く?」と聞かれ「NINJAさん江で!」と答えた若かりし頃
飲み頃を迎えたので有名店「炉窯ステーキ 煉瓦」の肉料理と共に飲むことにしました
メドック3級

シュロデール・エ・シレー/シャトー・キルヴァン1996

続きを読む

飲んだワイン レ・ヴィニュロン・ド・トゥティアック/クールノーブル2015

クールノーブルは安価ですがエレガントで飲みやすい。

生産元は伝統的な専門知識と現代の技術を組み合わせた450人のワイン醸造業者を抱える大企業です。

レ・ヴィニュロン・ド・トゥティアック/クールノーブル2015

続きを読む

飲んだワイン シャトー・ルー・ド・ボーセ/ルージュ2015 6点

ネットの抱き合わせ商品だったシャトー・ルー・ド・ボーセ

お値段の割に飲みやすく、悪くはないという印象でした。

シャトー・ルー・ド・ボーセ/ルージュ2015

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén